アルトのお得な車検の受け方ありますよ♪

アルト(ALTO)

 

アルトはスズキの人気ベーシックカー
1979年の登場以来、アルトはスズキの主力車種です。長い間、販売が続けられ、改良のたびに少しずつ進化を重ねてきました。日常の足として使われるアルトは安い車両価格と低燃費が代名詞ですから、経済的なベーシックカーのコンセプトはいつもキープしています。

 

 

安い車検のお店を見つけるのはカンタン
アルトの車検費用をお得にするなら、車検予約サイトで安い車検店を簡単に探すことができます。郵便番号を入力するだけで、たくさんの車検店が表示されます。車検費用もわかるようになっていますので、料金が安くて良さそうなお店をいくつか選んで見積もりを取ることもできます。車検の予約もできますよ。

 

 

アルトの車検の相場はいくら?

5万円〜20万円
アルトの車検代の目安

 

車検予約サイトでカンタンに車検比較しませんか?

5つの豆知識と車検比較

車検予約サイトBEST3

▲アルトの維持費をもっと安くしちゃいましょう▲

1979年に軽商用車ボンネットバン初代アルトが登場してから1984年の2代目を経て、フルモデルチェンジされた1988年発表の3代目アルトは550ccエンジンに3ドア/5ドア、MTがまだまだ主流の時代でしたが、アルトにはオートマチック車も用意されていました。ベストアルトのキャッチフレーズどおり、エポやパーキー、レジーナ、ビーム、ウィヴ、アフタヌーンティーなどのグレードを順次追加、ちょうど好景気に湧いた日本経済の波に乗るように多くのユーザーの嗜好にあったグレードを登場させています。6年間にわたって生産されました。この間、4ナンバーのバンタイプから5ナンバー乗用車タイプを中心に据え、また軽自動車のエンジン排気量が550ccから660ccへ大きくなったことにも対応しています。1994年に発表された4代目アルトは3代目のコンセプトをキープ、アルトバンやアルトワークスも引き続いて生産されています。エポやウィズ、ビームなど細かなグレード展開で販売しています。5代目アルトは1998年に登場。アルトの経済的な車として低燃費のメリットが増し、さらに評価を高めました。2004年にフルモデルチェンジした6代目アルトは低い価格設定で経済的な車を求めるユーザーの要望に応えると同時にデザインなど内外装のよさを求めるユーザーにも訴求力がありました。5ナンバー登録のアルトは従来の3ドアから5ドアのみへと変わりました。また引き続き4ナンバー商用のアルトバンがあります。2009年に登場した7代目アルトはワゴンRのプラットフォームを使用し、総合性能を高めています。2014年に登場の8代目アルトはこの車にひと目でわかる吊り目のヘッドライトを与え、新開発のプラットフォームを採用、意欲的な車となっています。一部にレーダーブレーキサポート装着車を導入し、安全性を向上させています。また車体の軽量化により低燃費と動力性能を両立させています。引き続きバンタイプのアルトバンをラインナップするとともにアルトワークスとターボRSといった走りに重きを置くグレードもラインナップされています。この8代目は従来の端正な品のあるイメージのデザインから離れ、怒っているかのようなヘッドライトが特徴で女性だけでなく男性が気軽に乗れる車になっています。2002年に登場した派生モデルのアルトラパンは2015年のフルモデルチェンジで3代目となりましたが、愛らしい表情のスタイルを持ち、女性を中心に人気があります。