キャストの車検費用はどうやったら安くなる?

ダイハツ・キャストスタイル

 

内外装の高い質感が魅力のダイハツ・キャスト
キャストシリーズとしてキャストスタイル、キャストアクティバそしてキャストスポーツの個性豊かな3車種が登場して街でも見かけることが多くなりました。外見もそうですが、質感の高さはかなりハイレベルですね。ここまでの上質さはなかなか他にはありません。3車種とも同じベースでありながら内外装とも違っており、しっかりした仕上がりなのでお気に入りの一台を長く乗り続けるにはいいですね。

 

 

キャストの車検費用は店舗比較で安くなります。
キャストの車検費用を安くするには、車検予約サイトを利用します。このサイトを使うとカンタンにエリア内の車検店舗を一覧表示できます。一覧のなかに車検費用も表示されていますので、気に入った車検店舗をピックアップして見積もりを取ったり、問い合わせたりすることができます。かなり安い費用の店舗がご近所にもたくさんありますよ。

 

 

キャストの車検費用はいくら?(相場の参考データ)

6万円〜18万円
車検費用の目安について

 

あなたのキャスト、お得な維持費で乗り続けるために

5つの豆知識と車検比較

車検予約サイトBEST3

▲ご近所で優良な車検店、見つかりますよ▲

ダイハツは2015年にキャストシリーズを発表しました。シリーズには3つの車種があり、トライアングルのようにそれぞれが3つの点となり、形成されています。「3つの異なる世界観を表現する」というキャストシリーズのコンセプトはユニークですが、中心車種を置かないこの車作りと販売方法は、キャストの前からダイハツはおこなっています。コペンシリーズとしてコペンローブとコペンエクスプレイ、コペンセロがあります。またダイハツの屋台骨を背負ってきたミラシリーズにはミラ、ミライース、ミラココアがあります。そしてこれまた有名なムーブシリーズにはムーブ、ムーブカスタム、ムーブキャンパス、ムームコンテ、ムームコンテカスタムがあります。ミラシリーズとムーブシリーズには標準型と言えるミラとムーブがあり、そこから派生モデルが展開という成り行きです。これはタントシリーズにタントとタントカスタムがあるのとおなじ流れです。このように見てくると中心となる標準型車種を持たずに、ほぼ同時期に複数の車種を揃えてシリーズ化したキャストシリーズとコペンシリーズは特異と言えるかもしれません。過去にコペンというオープンカーを作っていたのでコペンはまた違った展開ですが。このような軽自動車のライナップによる提案方法が他のメーカーにも波及するのかどうかも興味深いところです。ホンダの軽自動車NシリーズもN-BOXとN-WGN、N-ONEというそれぞれ特徴のある車のシリーズとなっています。軽自動車のラインナップとしてシリーズもので展開していくやり方はユーザー目線で見ると、自分の好みの車を見つけやすいメリットがありますが、それぞれ固有の車名のほうが好ましいと考えるユーザーもいるかもしれません。今後に注目したいところです。