ディーラーより断然安い金額で車検を受けませんか?

赤いパッソ

 

パッソはトヨタの1000ccコンパクトカー
パッソは2004年登場いらい、1000ccエンジンの軽自動車より少し大きなサイズのコンパクトカーとして特に女性の間で人気があります。トヨタのエントリーカーとして、トヨタ車に乗り続けるその最初の車としてパッソはちょうどいい手頃感があります。パッソはダイハツとの共同開発車ですが、トヨタの妥協のない品質の高さをその乗り心地や燃費、走り、ドライバーへの気配りのなかに感じることができます。

 

 

ディーラー車検より格安な店舗が簡単に見つかります。
パッソを3年、5年、7年と乗り続けると節目節目で車検を受けなければなりません。必要なことですからしょうがないですが、けっこうな料金を支払う必要があります。いつもディーラー車検という人もいると思いますが、車検予約サイトを使うと、自宅や職場の周辺にある車検のお店が簡単に見つかります。車検予約サイトは店舗とその車検費用も明示されているので、とても便利です。ディーラーより断然安いことに驚きますよ。

 

 

パッソの車検費用の相場はいくら?

6万円〜20万円
車検費用の目安

 

賢いユーザーははじめている車検予約サイトとは?

5つの豆知識と車検比較

車検予約サイトBEST3

▲パッソの車検で信頼できるお店に巡り合うなら▲

パッソは2004年に初代パッソが登場して以来、トヨタのエントリーカーとして2代目、3代目と進化してきました。当初は1Lと1.3Lのエンジンラインナップでしたが、3代目には1Lのみ(FF/CVT)となりました。サイズは軽自動車よりわずかに大きいだけです。自動車運転免許を取ってはじめて車に乗るというドライバーやはじめてトヨタ車に乗るというドライバー、今まで軽自動車に乗っていたけれど、普通乗用車に乗り換えるというドライバーにとって、トヨタのエントリーカーがこのパッソとヴィッツです。パッソは初代や二代目は女性向けのエクステリアとインテリアで、とくに2代目では+Hana(プラスハナ)のグレードを用意するなど女性をターゲットにした車であることが明らかでしたが、3代目はパッソ モーダを追加し、女性だけでなく男性も違和感なく乗ることができるエクステリアデザインになっています。トヨタのリッターカーは過去にはスターレットがありました。スターレットとおなじセグメントにあるパッソは、より乗る人の属性を明確にした車になっています。ユーザーの声やマーケティングを車作りのプランに活かしており、こういった現代的な手法は興味深いものがあります。パッソはダイハツとの共同開発車ですが、品質の高いトヨタの車らしくモデルチェンジを重ねながら総合性能が上がり、より乗りやすくなっています。衝突回避支援の機能など最新の安全機能を有しています。