愛車のブーンのために賢く車検しませんか?

駐車場

 

ブーンはダイハツの快適コンパクトカー
軽いハンドル操作、狭い道やUターンの小回りの効きなど街中で走るにはもってこいのサイズ感で人気のダイハツ・ブーン。軽自動車以上の使い勝手を求めるユーザーならブーンはちょうどいいコンパクトカーです。またブーンはとても燃費がよく、コンパクトながら安定した走りは乗り心地がよく、乗っている人全員が快適です。また案外、ラゲッジスペースが広いのもポイントが高いですね。

 

ブーンの車検費用を安くするなら・・・
ブーンはコンパクトカーなので税金やガソリン代などコスト面でお得ですが、2年に一回の車検は高い、なんとかならないかと思いますよね。そんなあなたにおすすめしたいのが車検予約サイトです。文字どおり、車検店からひとつ選んで車検の予約ができるサイトなのですが、とにかく車検費用が安いお店がたくさんあります。あなたの自宅の近くにもきっとありますよ。

 

ブーンの車検費用はいくら?/相場の価格参考データ

6万円〜22万円
車検代の目安

 

車検予約サイトでブーンの車検代、いくら安くなる?

5つの豆知識と車検比較

車検予約サイトBEST3

▲店舗比較でブーンの車検代をチェックするなら▲

ダイハツのブーン(BOON)は2004年(平成16年)に登場した1Lと1.3Lからなる5ドアハッチバックのコンパクトカーです。ストーリアの後継車としての位置づけがされる場合がありますが、そのストーリアにはトヨタへOEM供給したデュエットもありました。ダイハツとトヨタの提携関係はその頃からすでに始まっていました。ストーリアは路面に対してフラットなボンネットから楕円形のヘッドライトまでのデザインが独特で当時のコンパクトカーにはない斬新さがありました。そのストーリアはリッターカーの代名詞的存在だったシャレードの後継車といってもよく、このクラスの車の変遷とダイハツとトヨタの提携・資本関係を考えるのも興味深いものがあります。最近の高性能で快適な軽自動車が順調に販売台数を増やしており、リッターカーといわれる1000ccクラスは軽自動車の勢いに形勢が悪い状況が続いていいます。ダイハツは軽自動車メーカーとして数多くの車を販売しており、リッターカーのブーンを投入するのにトヨタとの共同開発というかたちを取っています。商品企画力に優れたトヨタは軽自動車では飽き足らないユーザーをターゲットにした車種を投入、これがパッソです。ブーン(BOON)とパッソは兄弟車の関係にあり、販売台数ではパッソのほうがよく売れていますが、ダイハツならではのデザイン力や車両の開発力がしっかりブーンに活かされていることからダイハツのリッターカーの新しい歴史の幕開けとして期待しています。3代目となったブーンは2016年に登場、1Lのみのエンジンとなりましたが、ダイハツらしい小型車となっています。