エルグランドの車検費用を大幅に安くするなら

高速道路

 

ゆったりと過ごせるミニバンの高級車エルグランド
7人乗りと8人乗りがメインのエルグランドは前席、2列目、3列目と大人数で乗り込んでも、シートをアレンジして少人数で乗っても、心地よい空間で楽しく過ごせます。少し燃費の悪さが気になりますが、その点をのぞけば家族みんなでレジャーや旅行へ行くのに余裕のあるファーストクラスのシートと質の高い内装があります。

 

 

車検は業者の料金比較で安くなります。
エルグランドの車検費用を安くするには、車検予約サイトを活用するといいです。このサイトでは希望の地域の車検ができる業者を一覧で表示することができます。それぞれの業者の車検費用も表示されますので、その中から気になったものから見積もりを取ったり、サイト上で予約することもできます。とても格安な費用の業者が多いので一度お試しください。

 

 

エルグランドの車検費用の相場はいくら?

7万円〜25万円
車検費用但し書き

 

高級車だからこそ安くなる車検の店舗比較とは

5つの豆知識と車検比較

車検予約サイトBEST3

▲エルグランドの維持費がぐーんと安くなります。▲

1997年に登場した初代エルグランドはLLクラスとかLサイズと呼ばれ、その重量感のある巨大なサイズと迫力のあるフロントマスクが話題を呼びました。現在では押し出しの強いデザインは珍しくありませんが、当時はこのサイズのミニバンがなかったため、衝撃を受けたものです。エルグランドは初代から車内空間の快適さに力を入れてきました。後席への両側スライドドア、シートアレンジの工夫や7人乗り、8人乗りのすべてのシートの乗り心地のよさ、静粛性など快適性能が優れていました。当初は3300ccのV型6気筒エンジンのガソリン車と3200ccの直列4気筒ディーゼルターボがラインナップされていて、それぞれFRと4WDがありました。また日産の他のミニバンに共通するライダーやハイウェイスターといったグレードはこの頃にはすでに使われています。エルグランドはもともとはキャラバンとホーミーの後継モデルとして登場しています。その後、2002年に登場した2代目は全長と全幅がより長くなりました。フロントグリルが横方向に目立つマスクに変わり、都会的なクールな印象に変わりましたが、初代とおなじく鷹揚さのある佇まいはファミリー層がレジャーや旅行などで思いきり楽しめるミニバンのイメージを醸し出していました。エンジンは3500ccV6エンジン。ファーストクラスと呼ばれる乗り心地の良さや装備の豪華さ、安全性能、走行性能といった総合性能が大きくアップしました。エアロパーツをまといスポーティな走りが楽しめるハイウェイスターやライダーグレードも継続しています。この後、ひんぱんにマイナーチェンジによる内外装や性能の改善がおこなわれ、2500ccエンジンのグレードも追加されています。2010年にフルモデルチェンジされました。3代目となったエルグランドは従来より全高が低く低床となり、低重心のスポーティなフォルムとなりました。それ以上にFRからFFへ駆動がこの3代目に変更されました。エンジンは3500ccと2500ccにCVTを組合せせています。7人乗りと8人乗りのグレードとともに2列仕様の4人乗りのVIPグレードも追加されました。非常にぜいたくな使い方ができるグレードです。安全性能が向上し、アクセルとブレーキを踏み間違えた時の加速を防止する装置など最新の機能が設定されています。エルグランドは重量が2トン前後あり、大型乗用車または特大乗用車に該当します。