ジムニーの維持費節約、まずは車検費用から

ABA-JB23W

 

ジムニーは本格的なクロカン
軽量で凹凸やぬかるみのある未舗装路や雪道、林道など厳しい道路環境をなんなく走破する、クロスカントリーSUV車として実に頼もしい一台です。ジムニーは北日本の豪雪地帯で暮らす人々やアウトドアを愛する熱狂的なファンに支えられている面もありますが、衝撃に強く、自然災害が頻発する日本でより活躍の場が増えるのではないでしょうか。市街地走行は上質とはいえませんが、独特の乗り味も魅力です。

 

 

街乗りではイマイチ、悪路でこそ光る
釣りや登山、スキー・スノボーなどアウトドアの相棒として重宝するジムニーは街乗りでの走りはどうか。パートタイム4WDのジムニーはスイッチの切替で2WDとして走ることができます。2WDの場合、後輪駆動(FR)のハンドル操作性のよさを体感できます。ただ乗り心地は良好とは言えません。今の軽自動車の静かで快適な乗り心地に比べてかなり劣ります。また2ドアなので後部座席に乗るのはちょっと難儀します。燃費も今の軽自動車の水準からすると悪いです。このあたり、車の用途を考えて乗りたい車と言えそうです。

 

 

格安な車検は車検予約サイトがおすすめ
ジムニーの車検はディーラーやご近所の販売店というユーザーの方もいるかと思いますが、車検費用を格安に抑えることは車の維持費節約にもなりますので、上手な車検を受けたいものですね。車検予約サイトにて、自宅や職場など最寄りのエリアから格安な車検の点検整備をする店舗を複数ピックアップします。車検料金も表示されますので、安くて良さそうな店舗を選んで見積もりを取って、そこからひとつ決めるといいですよ。

 

 

ジムニーの車検費用はいくら?/相場の参考価格データ

6万円〜25万円
ジムニーの車検料金の目安

 

車検の店舗比較であなたのジムニー、いくら安くなる?

5つの豆知識と車検比較

車検予約サイトBEST3

▲ジムニーの車検費用をさっそくチェックするなら▲

ジムニーは1970年の初代から数えて1987年に2代目、そして1998年が3代目です。この3代目が現行型です。最新のフルモデルチェンジが1998年だったことで、その間に細かい改良のマイナーチェンジで質感は少しつずつ上がっているのは確かだといえるのですが、シャシー、エンジンともに古さは否めず、現在の軽自動車の快適さや総合性能を比べるとどうしても見劣りします。そこはジムニーですから、他の車との比較を考慮せず愛車として乗り続けるユーザーがほとんどだと思われます。運転席からの高い位置からの見晴らしがよく、サイズ感がつかやすく、運転しやすいです。2代目ジムニーに乗っていた大阪の知人は川釣りに行くのによく乗っていました。その前はクラウンに乗っていたそうで、悪路で車の底をこすってしまい、ジムニーに乗り換えたと言っていました。週末や連休によく釣りや登山に行くという人には口径の大きなタイヤによる床の高さを持つクロスカントリーSUVはありがたいです。東京や大阪、名古屋から自然豊かなアウトドアに出かけるのになくてはならぬ道具としてガンガン使いたい車です。3代目はボディが丸みを帯びた当時のトレンドを追ったようなかわいいデザインだったため、2代目角ばった丸型ライトを懐かしく感じたものでした。それでも時間がたつと、これもジムニーだなと他にはない無骨さに納得が行きます。ジムニー1000や1300、ジムニーシエラ、ジムニーワイドなど普通車の派生モデルもあります。